日記

【日記】某外資系保険会社のビジネスセッションに行った話

こんにちは!けちゃです!

簡単なプロフィールです。

けちゃのプロフィール

・25歳大手メーカーのサラリーマン

・5年以内に自分の事業を持ち、好きな人と好きなことを本気で取り組みたい

・まずは副業を始めようと思い、ブログにチャレンジ

・転職するか、現職場で働きながら独立を目指すか悩み中

 

先日、某外資系保険会社のビジネスセッションに行ってきました。

約2時間、T支社長と一対一でお話をしました。

Tさんはこの会社でもかつて全国トップクラスの営業成績を誇っていたらしく、

めちゃくちゃトークスキルが高く、さらに見た目のキャラの濃さも凄まじかったです(くるくるパーマ、濃い顔立ち、肩めっちゃ超広い)

その中で、仕事と人生のあり方についてたくさんの学びがあったので記事にしようと思います。

 

この記事はこんな方におすすめ

✅日々の仕事がつまらない

✅転職をしようか悩んでいる

✅漠然と将来が不安

 

自分のありたい姿を描こう

学生時代にはあって、会社員にないもの

学生時代にあって会社員にないもの

・目標

・期限

Tさんは学生時代にあって会社員にないものは、「目標」と「期限」だと言います。

もちろん日々目標設定をし、仕事を行なっている人もたくさんいると思いますが、

より具体的で成し遂げたい想いの強さのある「目標」と「期限」の設定が重要であるのです。

マヨちゃん
マヨちゃん
具体的にはどんな目標と期限なのかしら

例えば学生であればこのようなものがありますね。

学生時代の場合

・A大学に絶対に合格したい

・部活の最後の県大会でベスト4に入りたい

・文化祭でダンスを披露し、拍手喝采を浴びたい

・モンスターハンターでタイムアタックの記録を更新したい

学生時代を思い返してみると、何かしら目標に向かって励んだ経験が誰しも一つはあるのではないでしょうか。

一方で、社会人になるとこれほど具体的で期限のある目標を立てることは難しくなっていますます。

その理由にはこのようなものがあります。

学生時代目の前のことに必死になっていたたくさんの人がサラリーマンとなり、

なんとなく必死になれずに仕事をこなしている理由はここにあるのです。

ではそのような環境下で何を試みればよいのでしょうか。

 

なりたい自分を映像化する

Tさんは、「なりたい自分を映像化する」ことが一番大事だと言います。

なりたい自分を映像化するメリット

・成功期待感(ワクワク感)が生まれる

・危機感が生まれる

なりたい自分を映像としてイメージできるまで具体化することで、

そうなりたい、なれるかもしれないという成功期待感

その映像に近づくために努力をしなければいけないという危機感が同時に生まれるというわけです。

 

選択、決断、努力

なりたい自分を描ければ、あとは行動するのみです。

その映像に向かって必要な手段を選択し、決断し、努力を積み重ねます。

行動をする前により鮮明な目標を設定することで、自分の行動が目標(なりたい自分像)に近づいている実感を得られ、満足度向上につながるということです。

 

今の仕事が楽しくないと感じる方、転職を考えている方は、

まずは自分のなりたい姿を映像化し、そこから行動につなげてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

今回は、某外資系保険会社のビジネスセッションに参加し、T社長とのお話で得た見聞について書きました。

なりたい自分を映像化する

②成功期待感・危機感が生まれる

③選択、決断、努力をする

鮮明に描けるほどに、自分のなりたい姿を想像することが、

自分の人生を変える一歩目になるかもしれません。

人生と仕事について悩んでいる方は、是非試してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくれてありがとう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA