生活

ジムって本当に効果あるの?【ジムの魅力と効果的な利用方法】

社会人になってから早2年。
運動部をずっと続けてきた自分が運動不足に悩むなんて、学生のことはつゆほども思いませんでした。

そんなけちゃですが、2週間ほど前からジムに通い始めました!

運動不足に悩んでいる方、引き締まった身体に憧れる方に向けて、ジムの魅力と効果的な利用方法についてお伝えしたいと思います。

過去の筋トレ歴7年、運動不足歴2年のけちゃならではのノウハウが詰め込まれていますので、ぜひ最後までお楽しみください!

ジムに通うメリット

まずは、ジムに通うメリットはこちら。

 

ジムに通うメリット

○健康管理・身体作り
○目的別の運動ができる
○効果を実感しやすい
○天候や気温に左右されない

 

○健康管理・身体作り

まずは、なんといってもこれ!

ジムに通い始める理由として最も多いのが、「運動不足を解消して健康を維持したい」「いい身体を作りたい」というものです。
高校生以前であれば、日々の部活動や体育の授業で必要な運動ができていたけど、大人になるとそうはいかないですよね。

運動機会を提供してくれる場であることが第一のメリットです。

 

○目的別の運動ができる

ジムの最大の特徴は、運動マシンの種類の多さです。

「ランニングやサイクリングなど軽めの有酸素運動を行いたい」や「マッチョになって異性にモテるために筋トレをしたい」など様々なニーズに応じた運動をできることがジムの特徴でもあります。

 

○効果を実感しやすい

ウォーキングやランニングと比べて、「効果を実感しやすい」ことがジムの最大のメリットの一つとも言えます。

部位を意識してトレーニングができることで筋力アップや体重減など、様々な効果が短期間でも実感できます。

また、ジムによってはIn Bodyの計測器が設置してあるところもあります。
これを利用することで、筋肉量や体脂肪率、基礎代謝などの様々なデータを簡単に確認することができます。

けちゃ自身もまだジム歴2週間ですが、さっそく効果が現れ始めました。

 

 

このように数字で効果を実感できるのはとってもモチベーションが上がりますよね!

In Bodyの計測機はないジムもあるので、下調べは欠かさず行いましょう!

 

○天候や気温に左右されない

それまで続けていた散歩やランニングをやめてしまう最も多い要因の一つに「天候・気温」があります。
どんな強靭な心を持ってしても、気候には太刀打ちできない。それがこの自然界でございます。

「冬の寒さのせいでランニングをやめてしまった」や「梅雨で雨が続くうちにウォーキングの習慣がなくなってしまった」などの経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

ジムならこの心配はいりません!

雨の日も風の日も、嵐の日でも、快適な環境で運動をすることができるのです。

ジムに通うデメリット

では、ジムのデメリットとは一体なんでしょうか。

 

ジムに通うデメリット

○金額が高い
○立地に左右される
○何となく怖い

 

○金額が高い

ジムを検討する上で最も気になるのは、その料金。

フィットネスジムでは月額約6000円〜1万5000円が相場となっています。
時間制限のあるプランだと3000円前後からのものもあるようです。

紹介割引や、ペア入会の割引、体験割引など様々なキャンペーンを行っているので、事前に調べることをお勧めします。

 

○立地に左右される

駅周辺や大通り沿いにあることが多いのもジムの特徴の一つです。

利用しやすい場所にある一方、生活圏内にないことがネックとなることもあるでしょう。

 

○何となく怖い

「強面のマッチョがたくさんいそうで怖い」
「みんないい体の中、こんな体型の自分が行くのは恥ずかしい」
「男の人ばっかりのイメージがある」

このような理由で興味があるにもかかわらず、何となく抵抗があって勇気が出ない。そんな方も多いはず。

でもそんなことはありません!!

あるフィットネスジムの調査では、男女比は6:4となっているように、女性利用者も年々増えています。

男女や年齢を問わず、目的に応じた運動をできるのがジムの特徴なので、気軽に訪れてみましょう。

効果的な利用方法

いかがでしょうか。
改めて整理してみると、ジムにはたくさんの魅力が詰まっていますね。

忙しいからそんな時間ないよ!

 

こんな声も少なくないと思います。

お仕事やアルバイト、勉強など日々忙しい方に向けて、おすすめの利用方法をお伝えします。

それは、朝一番のジム通いです。

一般的にジムは休日の利用や仕事終わりの利用が多いと思います。
ですが、仕事前や学校前にジムに通うことにはこんなメリットがあります。

 

仕事前ジムのメリット

○習慣化しやすい
○生活サイクルが作れる
○空いている

 

○習慣化しやすい

最大にして最強のメリットは「習慣化しやすい」ことです。

「仕事終わりの飲み会」「休日の予定」など、急に予定が変わることが多いのが社会人の特徴でもあります。

ジムでトレーニングする時間を朝一番に設けることで、仕事の時間を、また友人や恋人との時間を最大限に楽しむことができます!

 

○生活サイクルが作れる

早起きは苦手だ

 

朝が苦手だったり、ついつい夜更かししてしまう人にとってもメリットがあります。

それは「生活サイクルが作れる」ことです。例えば、「朝6時に起きてジムに行こう!」と予定している場合、「前日は0時までには寝ようかな」といった具合に、逆算して予定を立てますよね。

これが習慣化されていくことで、良い生活サイクルができ、限られた時間をより有効的に使うことができるようになります。

 

○空いている

ジムを利用する上で最もストレスになりうることが、「使いたいマシンの順番が回ってこない」ことです。

朝一は夕方や夜に比べて比較的空いているので、好きなだけ好きな運動ができるでしょう。

まとめ

ジムに通うメリット

○健康管理・身体作り
○目的別の運動ができる
○効果を実感しやすい
○天候や気温に左右されない

ジムに通うデメリット

○金額が高い
○立地に左右される
○何となく怖い

仕事前ジムのメリット

○習慣化しやすい
○生活サイクルが作れる
○空いている

いかがだったでしょうか。

今回はジムの特徴とおすすめの利用方法を解説しました!

 

皆さんの生活が少しでも豊かになれば嬉しいな。

最後まで読んでくれてありがとう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA